ハングル文字の学習

MENU

韓国語の勉強に必要なこととは?

韓国語の文法は日本語と似ていて、独学でも覚えやすいです。
ハングル文字の習得にも、コツがあります。

 

韓国語独学の難関は、ハングル文字です。
ハングル文字は、基本的に母音と子音のパーツの組み合わせです。
パーツと法則を覚えてしまえば、意外と簡単に覚えられます。
日本語の50音に似たカナダラがあるので、手書きの表をつくって目立つところに貼っておきましょう。
単語帳を作れば、隙間時間に勉強できます。

 

書いて覚えるなら、ただ順番に書くよりは、大好きなKーPOPの歌詞で書いていけば楽しめて三日坊主になりにくいです。
同じようにヒアリングも、好みの韓流ドラマを副音声で聞くのがおすすめです。
まずは字幕なしで、発音に慣れることです。
発音の特徴に慣れてきたら、字幕を見ながらストーリーを吟味して見れば、意味も分かってくるでしょう。

 

韓国語と日本語は、発音も意味も同じや似ている言葉が多く、覚えやすいです。
パッチムという、吐息に近い発音が特徴です。

 

なかには、韓国語を独学で勉強している方も大勢いるようです。
昨今では、スピードラーニングなどの優れた韓国語教材もありますし、
インターネットを活用した韓国語オンラインレッスンのサービスがいくつもあります。
独学で韓国語を勉強するとしても、様々な学習方法の選択肢があるのです。
フェイスブックなどのSNSの他にも、ハロートークなどのアプリもあります。
必ずしも、韓国語スクールに通う必要はないのです。

 

韓国語の独学に向いている教材